【2019】ハロウィン 渋谷まとめ

引用:https://www.sankei.com/life/news/191031/lif1910310039-n1.html

午後8時半頃

東京・渋谷の渋谷駅周辺はハロウィーンの仮装をした人々であふれかえり、歩道の流れが数分間にわたって止まるほど混雑してきた。センター街の人混みが顕著で、午後7時過ぎには、指揮車からマイクで呼び掛ける警視庁のDJポリスが「センター街ではなく、比較的空いている道玄坂方向にお進みください」と通行人を誘導するようになった。

しかし、繁華街への流入は止まらず、午後8時過ぎには、警視庁が駅周辺の通りで車両の通行規制を開始。文化村通りや道玄坂の一部がいわゆる歩行者天国の状態になり、歩道に押し込まれていた人々が一斉に車道上に流れ込んだ。

仮装した少女らは、「こっちのほうがいいじゃん」と楽しげ。スクランブル交差点付近では、ブロックの上に立つ若者や外国人の姿も見られるなど、興奮度が高まってきた。

警視庁渋谷署によると、午後8時までに逮捕者は出ていないが、「身体がぶつかった」などのトラブルや、「盗撮された」といった申告が寄せられている。

午後10時過ぎ

東京・渋谷のハロウィーンは午後10時を過ぎ、渋谷駅方面に向かい帰宅の途に就く人々も増えてきたが、車両の通行が規制され、歩行者天国状態になった車道に陣取り、記念撮影を続ける若者は後を絶たない。警視庁渋谷署によると、31日夜時点で2人の逮捕者が出ている。

駅前のハチ公前広場では午後8時前に2事件が発生。広場にいた少年の財布を盗もうとしたとして、窃盗未遂の疑いで、都内居住の私立大学2年の少年(19)が同署に逮捕された。また、少女の尻を触ったとして、東京都迷惑防止条例違反(痴漢)の疑いで、都内に住む私立大学1年の少年(18)が現行犯逮捕された。

同署によると、2事件の被害者は仮装していなかったが、現場の同広場前は事件当時、混雑していたという。

人混みが減った駅周辺の通りでは、サッカーボールを持ち込み、リフティングなどの路上パフォーマンスを披露する人の姿も。ボールを警察車両にぶつけて警察官の注意を受けていた。

渋谷区職員は3人1組になり、区条例で禁止された路上飲酒のほか、路上喫煙などの違反者らに注意して回っていた。男性職員は「路上飲酒よりも路上喫煙の方が多いように感じる」と話した。

職員は吸い殻を回収しながら巡回していたが、職員が通りすぎた直後に路地で外国人風の男性4人組がたばこを吸い始め、いたちごっこの様相を呈している。

0時ころ

東京・渋谷のハロウィーンでは、11月1日午前0時を前にして逮捕者が4人に上っている。警視庁渋谷署では苦情電話や落とし物相談の対応に追われたが、徐々に落ち着きを取り戻しつつある。

同署によると、10月31日午後8時前に渋谷駅前のハチ公前広場で、窃盗未遂や東京都迷惑防止条例違反(痴漢)の疑いで少年2人が逮捕されたほか、スクランブル交差点付近では午後8時25分ごろ、仮装していた女性(20)の体を触ったとして、都条例違反(同)の疑いで男(51)が現行犯逮捕された。

また、同9時45分ごろには、センター街のゲームセンターで男性店員(31)の顔をたたいたとして、暴行容疑で少年(19)が現行犯逮捕された。

センター街の宇田川交番前にはエコステーションが設置され、大きく膨れたごみ袋が積み上がった。エコステーションでは希望者に「ジャック・オー・ランタン(カボチャのちょうちん)」柄のごみ袋を配布。受け取りに来た会社員の男性(25)は「せめて自分の出したごみは持ち帰りたい」と話した。

ただ、ごみの放置も目立ち、からあげ店の前に設置された利用者専用のごみ箱には、ジュース缶やタピオカミルクティーの空き容器がうずたかく積まれ、落とし物とみられる女性用バッグも置かれていた。

昨年のハロウィーンでは、渋谷署管内で10月31日夜から11月1日朝までに、都条例違反や窃盗などの容疑で計13人が逮捕された。

大阪では・・・

ハロウィーン当日を迎えた31日、大阪の繁華街・ミナミ周辺は仮装した若者らでにぎわった。近年はハロウィーンに絡むトラブルが多発していることから、大阪府警は最大約250人態勢で警戒するなどして対応にあたった。

「ハッピーハロウィーン」。午後7時ごろ、大阪市中央区西心斎橋のアメリカ村にある御津公園(通称・三角公園)付近。ゾンビやピエロなどのコスプレをした若者らが500人以上集まり、記念撮影を楽しんだり、音楽に合わせて踊ったりしていた。記念撮影をしていた大阪市東住吉区の可知みかさん(28)は「面白い仮装の人と一緒に撮影できたり、とても楽しいです」。

多くの人々がコスプレなどをして集うハロウィーンは経済効果が期待できる一方、近年は参加者のマナーの悪さも問題視されている。昨年は直前の週末に東京都渋谷区のセンター街で酒に酔った若者が軽トラックを横転させる事件が発生。ミナミでも道頓堀川に飛び込む人が100人以上いたほか、過去には仮装した女性を狙った盗撮や公然わいせつ事件も起きるなどしており、警察や自治体は対応を迫られている。

大阪府警は飛び込みや雑踏事故を防止するため、戎橋に制服警察官を配置。混雑する地域周辺の飲食店も一部店舗では閉店時間を30分~1時間程度早めたほか、ファミリーマート久左衛門町店(大阪市中央区西心斎橋)では、ビン製酒類の販売数を減らすなど、独自にトラブル回避策を取る店舗もあった。

渋谷ライブ映像

以上。

また来年も会いましょう。



  • このエントリーをはてなブックマークに追加